たからもの

大好きな彼とのこと残したくて

私ができること

いつもよりもっと素っ気ないメールは

避けられてるのかなって

思うぐらい文字が冷たく感じて

でも私

気づかないふりして

にこにこして好き好きメールを

送ってたの

楽しいメールでshunさん笑ってって

していたの


わかってるよ

空回りしてること

でも認めなくなかったの


私が楽しくしていたら

shunさんも楽しくなったらいいなって

だから

いつもにこにこしていたんだよ


心の中は

心細くて不安でいっぱい

shunさん。。

私のことどう思ってるの

会いたいって思ってるのは私だけかな

ほんとはメールしたくないのかな

来週会うのも私が無理言ったからほんとは

迷惑だったのかな

文字だと気持ちがわからないよ



どうしていいかわからなくなって

問い詰めてしまった

でも文字では伝わらないって思って

電話していいかな?って聞いた

普段から電話なんてしたことないのにね



shunさんからは

電話はやめておくよって

言われてしまったの

理由は

バスの列に並んでるから

いろいろなことで疲れていて元気な声が

出せないから

そして

chiikoは心配しなくていいんだよ

chiikoのせいじゃないからねって



shunさんの力になりたかった

shunさんに優しくしたかった

私がshunさんのメールで元気が出るように

shunさんにも元気になってほしかった

私は何にもできないのかな

私は shunさんの足を引っ張っているのかな

涙ぽろぽろ

泣いても何に解決しないのに

shunさんが元気になってほしいのに

私何にもできないのね

年末のときの私とおんなじだね







chiikoは充分優しいよ

気にしないでいいんだからね

chiikoの気持ちはわかってるからね






私にできることって何だろ

メソメソしてるのはよくないね

shunさんがゆっくり休めるように

お仕事帰りのメールは

お帰りなさいが終わったら静かにしてるのが

いいのかな。。

話をしないshunさんには

私も何にも話さないのがいいのかな。。

私は結局。。自分のことばかり考えてしまって

いたんだね

お仕事やいろんなことを抱えて大変な

shunさんのことを考えてあげれてなくて

ごめんね。。



私はいつもみたいに

shunさんのことを想いながら

日中にひとつメールを送るね

shunさんがメールを見て

にっこりできるように

愛の風を送ったらいいんだよね

お返事はいらないからね



shunさん

疲れているのにいつもメールありがとう