たからもの

大好きな彼とのこと残したくて

話したかったの

いつも

グズグズ言ってる

私のブログに

たくさんのコメントありがとうございます

まだお返事もしてなくてごめんなさい

気持ちの整理がつかなくて

先にこっちを書いてしまいました

すみません

もう少しお返事待って下さいね

少し冷静になって

自分のメール読み返して

またまたがっかり

私って

進歩ないよなぁ

いつまでたっても

こんなのばっかり。。

shunさんを

困らせてばっかり。。






shunさんが

おやすみーって

返してくれたメールの前にね


私。。

重い内容のメール送ったんだよね



小学校の同級生のお友達がね

4月半ばから

2人も立て続けに亡くなったの

2人とも病気でね

2人とも見つかったときには

手の施しようがなかったって聞いて

たまたま重なっただけだったんだろうけど

すごくショックでね。。

田舎町の小さな小学校の同級生

女子はみんなで19人

保育園から小学校卒業まで

ずっとおんなじクラスで

仲良しでけんかばかりしてる兄弟みたいな

お友達

10年前にひとり

幼な子を残して病気で亡くなったお友達の

ことがあって以来はね

同級生はさらに団結して

歳のせいもあるのかな

最近は夏ごとにみんなで集まってバカ話を

していたのに

それなのに。。

今回は2人とも独身でね

親に看取られて亡くなったの

同級生を頼ってくれたら良かったのに。。

2人とも誰にも話さず

ひっそりと。。

だから聞いたときにはクラスの誰もが

驚いて。。

悲しんで。。

そんなお話shunさんにしたんだよね


そのお話の最後に

shunさんに。。

何にも言わずにいなくならないでねって

身体大事にしようね

ずっと元気で一緒にいようねって

大切なこと話してほしいよ聞いてほしいよって


そんなメールしちゃったんだ


でもちょっと重いなって自分で思ったの


4月にもね

一度お話してたんだよね

そのときもお友達が亡くなったことが

きっかけで。。

私の身にもし何かあったとき

同級生の一番仲良しの女の子に

shunさんへの連絡を

お願いしてもいいかなぁって聞いたんだ

そのとき

chiikoに当分なにかはないよ

おやすみ😘って

言われてね

私。。いろいろ長いメール書いてたけど

shunさんの一言で

それきりそのお話はおしまいで

そっか。。

私が深刻に考えすぎなだけだよなって

そのお話は終わりにしてたの

少し。。チクンとなったまま

あまり考えないようにしてた

そんなお話をshunさんとする関係には

まだなってないのかなって

少しがっかりもしてた

でもそんなこと言えないからね


それでまた今回のことがあって

やっぱり

やっぱり私にとっては大切なことで

shunさんと話さずにいることは

できなくて

それでその日のメールになったんだよね


そう。。

重いかなって思ったけれど

それでも聞いてほしかったの

前みたいに

さらりと終わりにしないで

もう少しshunさんとこのお話したかった

それなのに私

自信がなくてね。。


「くらいお話になってばかりでごめーん。

もうこのお話おしまいにするね😊」


そう言っちゃったんだよね

それで。。

このメールの最後に

「楽しいお話は。。

んーー。

ヨガしながらね。shunさんからデートのお誘いが来るのを待ってるよー😚💕」


そうやって重くならないように

気を遣ったつもりだったの。。


すぐにお返事は来なくて

まあ。いつものことかなって思って

寝たのかなぁって思って

遅い時間に

おやすみなさいを送ったらね



すぐに来たんだ

「おやすみー」って。。




それで。。



私のメールはスルーなんだねって

悲しくなったの

今思えば。。

私自分でこのお話はおしまいにするねって

言ってるから

だからshunさんの中でも

もうおしまいだったのかな。。


そのときは

夜も遅いし

そんなことを言うのは悪いかなって思って

その夜は私だけまた

またいろいろ考えすぎてしまってね


朝になっていつもとなんら変わりない

「おはよう😃」が来るから。。


なんだか私。。



どんどん悲しくなって

そのときすぐに

昨日は悲しかっよって言えば良かったのに

また

今からお仕事なのにって思って

また言えなくて



でも葬儀に行く前

とうとう言っちゃった


「見当違いのメールしたみたいで

ごめんなさい。

私が大切なお話をする相手は

shunさんじゃなかったのかな。。

今は悲しい気持ちだけ。

私いつから進む方向間違えてたんだろう。

言わなくても察しろよと思われているとしたら

残念でならないよ。 」



shunさんは

これだけでは何のことかわからないって。。

そうだよね

それで

葬儀が終わって自宅に戻ってから

長々と書いてしまったんだよね



昨日の私のブログのようなメールをね。。

それで最後に

夜のメールを聞き流して

おやすみーって

言われたことが

とっても悲しかったって

無視されたように受け止めたって

言ったんだ

見て見ぬふりをしたまま

笑ってることはもうできないよって



はぁ。。



メールを聞き流されて悲しかったよ

もう少し shunさんと

そのことをお話したかったの



それだけ言うだけで

良かったのに

バカだな私

面倒くさいな私

もう

こんな私だいっきらい