たからもの

大好きな彼とのこと残したくて

未解決

年末の悲しくて苦しくて

どうにもならなくなったときのこと

彼と終わりにしようと思ったときのこと

解決したわけじゃないの

私が気持ちに蓋をしただけ

蓋をしたままでもいいから

またshunさんと繋がりたかったの

未解決。。。なお話



ちゃんととこのことと向き合わなきゃなって

思うんだけど

まだなかなか書けなくてね

なかなか進まなくて

お付き合いが始まって

ちょうど一年てこともあって

これまでは回想日記に逃げちゃってた








あのときね

年末のデートのとき。。

shunさんに笑ってほしかったんだよね

でも私が考えてたことどれひとつ受け入れてもらえなくてね

shunさんがとっても遠くに感じたの

私って何にもできないんだなぁって

やっぱりダメダメchiikoだなぁって

ひとつも必要とされてないんだなぁって

私なんかいなくなればいいんだなぁて

そんなふうに思ってね

でもバイバイするまでは頑張って普通にしてたと思う

なんかあんまり思い出せないんだけどね

思い出したくないから忘れちゃってるのかな


私の車に戻ってすぐに

終わりにしたいってメールしたの

すんごく涙出てね

でもいっぱいメール書いたんだ

どうせならお顔見てお話したら良かったのにね

お別れしたいってメールなのに

なんかラブレターみたいになってね

shunさんと出会ってからの

思い出いっぱい書いてた

私が嬉しかったこといっぱい書いてた

あのメール。。。

消えちゃったけどね

メールを送信して…そのあとすぐに

ブログも全部消したんだぁ



shunさんからのお返事メールは

いつもの帰るよの時間よりも

随分早くきたんだった

息ができなくなりそうな感じになって

それでもメール開いたんだ

自分から終わりにしたいって言ってて

おかしいよね



たくさん我慢させたね

ごめんね

わかったよ

chiikoがそうしたいなら

chiikoかそのほうが幸せになれるなら

終わりにした方がいいのかな

そんなふうに書いてあってね

そっか…ほんとに終わっちゃうんだなぁて

自分から言い出しておいて

他人事みたいに思ってた

でも読み進めるのがこわくって

何かにぎゅーっと押し潰されそうな感じで

キッチンの隅で隠れて泣いてたんだよな

そして

最後の最後に一番最後に

それでも僕は別れたくないよって

書いてあって

書いてあるの見て。。。



だって…

でもだって…てなって

もっともっと涙が出て…

その後もまた記憶がすっぽり抜けてるの

そのときは何日か

メールのお返事はできなかったんだ

それに子供のこともお家のことも

どうやってやり過ごしてたんだか

全く覚えてないんだよね

ただただ年末年始にむけて

私のやるべきことは山ほどあったんだよね



そんなだった去年の私の年の瀬

やだなぁ暗くてー



shunさんは

全部閉ざしてる私から

いつ離れていってもおかしくないのに

私が戻ってくるかもわからないのに

朝晩ずっと変わらずメールをくれてね

ほんの短いあいさつみたいなメールだけど

すっごくあったかかったの

メールのお返事もしないくせに

待ってるんだよね私




それでね

悩んでも悩んでも

苦しくても悲しくても辛くても

やっぱり好きがなくならないってわかった

それどころかもっと大好きが

大きくなるからね

結局。。。

終わりにできなかったんだ



手を差し伸べて待っててくれる

shunさんのところに

駆け寄って飛び込んで行っちゃった






このときの

蓋をして閉じ込めた私の気持ちがね

まだ私の中で解決できないで残ってるから

また…じんわりと…

滲み出てきてきそうになることがあるんだ

いつもってわけではないけどね

それでね

ひとりでぐるぐる考えてる事に

ちょっと疲れてたの

ダメダメな思考回路が

また私を真っ黒にさせるから

なんとかしなくちゃって


このままではまた…


だから

また書いてみようと思ったの。。

素直に気持ちを伝えること

ここてたくさん教えてもらったから

まずは私がどう思ってるのか

蓋してないで

出さないとね

私が考えてること書いてみる

まとまってなくても

ぐっちゃぐちゃでも

書いてみる

ゆっくりでも

行ったり来たりなっても

書いてみる


未解決。。。

解決することなんかないのかもしれないけど

気持ちに蓋をしたままな私から

少し前に進みたいな