たからもの

大好きな彼とのこと残したくて

彼との出会い①

一年前の3月♡日

あなたと私が初めて会った日

初めてあなたの笑顔に出会えた日



これはそのもう少し前のお話

出会い系サイトで知り合ったときのお話



人生初めてサイト登録した私の元に

お返事しきれないぐらいのメールが届いて

ちょっぴり腰が引けてしまった

何人かの方とサイト内でやり取りをするようになって

彼とは別の人と仲良くなって退会を考えていたときに

彼からメールをもらったの


その頃には

見ず知らずのお相手さんに

上手にお断りのお返事メールをするのにも

少し慣れてた私

彼からのメールにも同じようにお断りをって

思っていたのに。。。


メールを見て…お断りはしたくないって

思ってしまった

どんな人かな…とっても気になってプロフィールを穴が空くほど見てたっけ

私とね

おんなじだなぁって思ってね

にてるんだぁって思ってね

その後もメールのやり取りが楽しくて

サイトを退会しそこねちゃった


それでも退会するからって彼に伝えた

同時に何人もの男性とメールできるほど

器用じゃないから

いいなぁって思う人

1人だけでいいって思って

彼にありがとうとさようならのメールをしたら。。。

会ったこともない人にあんまり思い入れしたらダメだよって

そして

何かあったらいつでもメールしてって

アドレス教えてくれたんだ

何かあったらって

なんだよー

そう言いながらバイバイして

私は人生初の出会い系サイトを退会したんだ



それが彼との出会い。。。

あれ?

お別れ。。。

サイトを退会してもう彼とは完全にきれたはずだった

別の男性と…そういうことになるはずだったの


だけど私

彼のメルアドを手帳にメモ書きしていたの

なんでだろう

今考えてみてもよくわからない…

何か…何故か…気になって

でも

それが。。。

それが今に繋がってるんだ



つづく